自転車で配達をするなら電動が圧倒的におすすめ

電動自転車が便利すぎる話し

みなさんは電動自転車に乗ったことがありますか?

結論から言うと、尋常ではなく楽なので、本格的にUber Eats(ウーバーイーツ)をやりたい方には絶対おすすめです。

私は元から電動自転車に乗ったことがあって、その快適さを知っていたので、Uber Eats(ウーバーイーツ)でそれなりの報酬を稼げることを実感してから、すぐに電動自転車に手をだしました。

とにかく配達スピードが速くなったし、全く疲れずに休憩を取りたいと思わなくなることで、配達件数が2倍になりました。

8万円と高額だったけど余裕で元を取れていると感じています。

なので、もし配達数や高報酬を目指すことに伸び悩んでいる人がいれば必ず購入するのが良いでしょう。

ただし、高額がゆえに気をつけなくてはいけないポイントがあるので、ここではその電動自転車の選びの注意点などについてまとめました。



費用の相場は?

中古なんかだと4万円ぐらい。

新品で海外のよくわからないメーカーだと6万円ぐらい。

新品で安価な日本のメーカーで8万円ぐらい。

新品で日本の大手ブランドの料金の相場としては10万円前後です。

この仕組みは、この後の選び方でご紹介いたします。

選び方は?

購入するうえで気をつけなくてはいけない点をまとめました。

走行距離

これが大きく値段に関わってくるし、配達の数にも影響するので重要です。

まず知っておきたいのが、調節ができるタイプがおすすめと言うこと。

調節できるメーカーだと、基本的に3種類を使い分けることができます。

  • 標準モード
  • パワーモード
  • 節約モード

この使い分けで電池の持ちも大きく違ってきます。

ちなみに私は、節約モードで45キロの電動自転車です。

これだと渋谷エリアなら平均的に14配達ぐらいはいけるので、お昼か夜のどちらかはそれなりにこなせます。

一日中の方は、少し料金が高くても節約モードで80キロぐらいの自転車でも良いかも。

充電時間

海外の安いメーカーだと、40キロ走れるのに充電8時間なんてことがあります。

日本のブランドだと料金が高い反面、2時間充電で40キロぐらいが目安。

保証

料金が高いと言えど、高級な自転車となるので、必ず保証もつけてくれる店舗を選びましょう。

アマゾンやラクテンの販売だけを行う安い店舗だとそういった保証どころか、防犯登録もしてくれないのでご注意。

ダメと感じた店舗

続いては本格的に購入するうえで、失敗しない店舗をご紹介いたします。

Amazon

私はアマゾンのヘビーユーザーなので一番にここを探しました。

なんと安いものでは新品で5万円代の物もありました。

ただし、レビューを見ると、新品で安い海外メーカーだと、電池の持ちが悪いとか酷いものばかり。

結局、純正の日本メーカーだと10万円以上が目安でした。

安いのもあるけど、盗難補償もなかったりします。

Rakuten

続いて楽天も一応はカードがあるのでチェックしてみました。

激安スーパーでお馴染みのイオンがあったので期待できましたが、それでもやはりイオンブランドでも10万円越えが相場でした。

おすすめ店舗

日本最大手の自転車通販専門の店舗。



通販なのに、防犯登録から盗難補償までつけてくれる。

しかも電動自転車も新品のちゃんとしたメーカーでアマゾンよりラクテンより安いものばかり。

私が購入したのもここで、節約モード45キロで2時間充電の自転車は8万円でした。

自転車カバーのおまけもついているし、3営業日ぐらいで発送してくれたし言うことなし。

パンク修理の無料サービスなんかもある。

電動自転車を購入するならサイマが一番おすすめの店舗で間違いないでしょう。