配達中の自転車事故やトラブルも保険があるUber Eatsの詳細

ウーバーイーツの自転車事故と保険

Uber Eatsの配達パートナーは、Uber Eatsとの雇用関係が発生しないと言うことは税務の記事でも副業の記事でもお伝えしてきました。

しかし、Uber Eatsの配達パートナーは、事故やトラブルの保険だけは使うことができると言うのをご存知でしょうか。

ここではそのUber Eatsの自転車保険ついて解説していきます。

保険の詳細と加入方法

まず結論から言うと、Uber Eatsの配達パートナー登録をしていれば、手続き不要で全員が無料で無条件で加入することができます。

Uber が日本国内の保険会社と契約を結んでいる賠償責任保険となり、自転車を利用する Uber Eats 配達パートナーが、配達リクエストを受けた時点から配達が完了するまでの間に生じた事故に対して適用されます。事前にお申し込みいただく必要はありません。

つまり、事故にあったり、何かトラブルがあればUber Eats本部のサポートセンターに連絡すれば、この保険を使うことができるのです。

どんな時に使えるのか

この保険には、対人賠償保険と、対物賠償保険の二種類があります。

まず覚えておきたいのが、普通の保険と同じで、保証には限度があると言うこと。

損失の全てのお金がもらえない場合あるので期待しすぎないようにしましょう。

①対人賠償

配達の事故による治療費などの時に出る保険。

歩行者にぶつかってしまってケガをさせてしましまった場合。

商品を渡す時に料理をこぼしてヤケドさせてしまった場合。

②対物賠償

レストランやお客様や第三者の物品を壊してしまった場合に出る保険。

配達先の自宅のドアや他の人の自転車などを壊してしまった場合。

不注意で料理をこぼしてしまって、お客さんの服を汚してしまった場合。

使えない場合

使えるケースがかなり多く、無料で無登録で使えるには満足と言える保険です。

ただし、やはり使えない場合もあると言うのは頭に入れておきましょう。

例えば、事故で自分の物を壊してしまったり、自分の怪我や修理費用は保証の対象外となります。

つまり自分に関する保証はないと言うことです。

なので、もし事故のリスクを気にする方は自分で保険に加入する必要がありそうです。

実際に使った人

念のため、本当に使えるのかと言う点で、色んなSNSやブログをくまなく検索したのですが、まだ保険を使った人の体験談はありませんでした。

まあ自分には使えない保険と言ったように、さすがにわざわざ自分が事故の加害者になったことをネットに載せる人はいないみですね。

ただ、おかま事故で20万円もらったり、海外旅行でバッグをなくして5万円貰ったり、台風の被害で60万円もらったりした経験のある私からすれば、保険は案外簡単です。

事故やトラブルの事実があるのであれば、あっさり受け取ることができます。

なので何かあれば、気軽にUber Eats本部へ連絡してみましょう。

サポートへの連絡はダッシュボードから可能です。

保険利用の注意点

とは言えもう一つ注意したい点があります、。

それは、サポートセンターよりも先に警察に連絡することです。

事故証明となるので、先に警察へ連絡をすることを忘れないようにしましょう。