副業バイトや即金にUber配達が最強!すぐ開始できて週払い!

副業にウーバーイーツが最適な理由

今ではどんどんエリアを伸ばしているUber Eatsは、専業にはもちろん副業にも持って来いです。

この記事では、まだ仕事を辞めたくないけどお小遣いを稼ぎたいと言う方に向けて、なぜUber Eatsが副業に向いているのかという点と合わせてUber Eatsの仕組みを解説いたします。

専業でやるよりも副業や兼業に最適

私はほぼ専業でガッツリ働いて稼いでいるものの、Uber Eatsの配達パートナーは最も副業に向いていると思います。

というのも、Uber Eatsは9時から24時までで稼働できるのですが、注文には波があります。

やはり最も注文が入りやすいランチタイムとディナータイムの時間帯の配達依頼が多く、この時間が最も報酬を稼ぎやすいと言われています。(※人による)

具体的には10時から14時と、18時から22時。

ちなみに週末だと9時から15時と、17時から23時。

なので、こういったピークだけ狙って配達するのが一番効率が良いので、

「平日は本業で土日だけUber Eatsで稼働する」

「午前中だけUber Eatsで午後は本業」

という形が理想と言えます。

私の経験上の話しだけど、月曜日の14時~16時なんかはかなり少ないです。

なので、うまく時間を活用できるように他にも仕事がある人こそUber Eats配達パートナーは向いているのです。

すぐに開始できる

ネットで登録をして、登録会に参加することですぐに仕事を始めることができます。

登録会は予約不要なので、そのまま行っても登録が終了し、その場でバッグを渡されて始めることができます。

シフト不要

アルバイトの副業だとシフトで時間を決められたり、日払いの派遣会社も最低でも2日前には連絡が必要だったりしますよね。

Uber Eatsなら、働きたい時だけ配達することができて、休みたい時に休むことができます。

「今日は本業が疲れたのでやらない。」

「雨の日はダルイので休みたい。」

「今日は眠いからやらない。」

という自由を効かせて配達することができます。

週払い

Uber Eatsで稼いだ報酬は、週払いでは翌週には振り込まれるようになっています。

急なお財布のピンチにも、かなり早いスパンでお金を手にすることができます。

本業にバレない

Uber Eatsはあくまで稼げるアプリであり、雇用関係は発生しません。

なので、保険に加入したりする必要もなく、基本的に会社にバレルことはありません。

さらに年間20万円未満の所得であれば確定申告も不要なので、まさに気軽に稼げる副業に最適。

接客でもストレスを感じずらい

Uber Eatsは、お料理を出すお店にも、お料理を受け取るお客様にも、もちろん配達する本人にも評価制度と言うものがあります。

評価が悪いような人はUber Eatsを使えなくなる仕組みのため、基本的には嫌な対応をされることがありません。

なので、

  • コンビニバイトでありがちなヤンキーへの対応
  • 飲食店バイトでありがちな酔っ払いのクレーム
  • コールセンターバイトでの理不尽なクレーム

こういったことがなく、ストレスフリーで働ける環境と言えるでしょう。

上下関係もない

これは言わずともがなですが、仕事中に喋るのは料理を提供するお店と、配達先のお客様のみ。

どちらもわずか1分2分の話しです。

なので、ネチネチいじめてくるような上司や、面倒を見る後輩も必要ありません。

準備不要

基本的には自転車かバイクが必要ですが、レンタルサイクルで開始することもできます。

なので、さいあくはスマホ一つで何の用意もなく仕事を始めることができます。

ただ、たくさん報酬を得たいなら自転車ホルダーはあった方がいいですし、真冬には寒すぎるのでちょっとした対策も必要かとは思いますが。