ドコモのレンタルサイクルで配達パートナーを始める方法!

ウーバーイーツをレンタル自転車で始める方法

Uber Eatsを始めたいけど、原付の免許もバイクも自転車もない。

そんなあなたでも、レンタルの自転車でUber Eatsを始めることができます。

Uber Eats会員だけの特典もあるので、まだ登録前であり自転車がない人は是非チェックしてください。

ドコモレンタルサイクルの方法

各地域で数少ないレンタルサイクルですが、ほとんどの方が使っているのがドコモが運営するバイクシェアのサービス。

気になる人は既にチェックしたことがあると思うのですが、赤くて車輪が小さい自転車ですね。

ドコモが運営するレンタル自転車

オンラインで登録&予約をしたうえ、自転車に電車の改札みたいな機械がついているので、そこに自身のパスモやスイカをかざすと利用することができると言うサービスです。

使える地域

この一番使えるとお伝えしたレンタルサイクルは使える地域が限定されています。

ドコモバイクシェアが使える地域をまとめました。

東京 渋谷区・中央区・港区・新宿区・文京区・江東区・品川区・大田区・渋谷区・練馬区
神奈川県 横浜市・川崎市
東日本 宮城県仙台市・青森県岩手市・栃木県衣川温泉
西日本 大阪府大阪市・奈良県奈良市・広島県広島市

まだUber Eatsが始まってない地域もありますが念のため。

基本的な料金

利用料金は地域によって差があると言うことですが、現時点で全地域チェックしたらほぼ料金は一緒だったので、表にしました。

種類 基本料金 時間料金 延長料金
1回会員 0円 30分150円 30分100円
月額会員 2,000円 30分0円 30分100円
1日パス 1500円 当日返却で0円 当日返却で0円

これが基本的な主要都市の料金です。

ちょっと東北や栃木のような人口が少ない地域が少し安いぐらいです。

Uber Eatsの地域に合わせたんじゃないかピンポイントに各地域で利用できます。

先に登録した方がいい

結論から言うと、自転車がなくてもUber Eatsをやる気があるなら先に登録会に行きましょう。

理由としては、登録会した後だと、特別プランを利用できるからです。

Uber Eats特典

Uber Eatsでは特別な自転車保険があるように、Uber Eatsスタッフならではの特典として、このドコモ氏シェアバイクを安く使える特典があります。

気になるこの会員特典の料金ですが、基本料金4,000円のみえ延長料金なしで使い放題と言う内容になります。

注意点

レンタルサイクルにもデメリットがたくさんあります。

  1. 駅から離れてることが多い
  2. 電池が全然ない場合がある
  3. 一台もない場合もある

というように、安定的にレンタルサイクルを使って稼ぐのは難しいので、いっそのこと1万円前後の自転車を買ってしまったほうが良いかもしれません。

決して料金も激安と言えるわけではないので、注文の多い地域でやるにしても、そこの地域で駐輪場を借りたほうが安いです。

レンタルと買うのはどっちが良いか

これも結論から言うと、基本的には自転車は買ってしまったほうが良いです。

私が最初に使っていた自転車は、通販で1万円でした。

ママチャリで26インチと言う通常のサイズのタイヤでしたが、文句なく使えています。

なので、2か月半を超える場合は購入したほうが安いと言う結果になります。

つまり

「一時的なお金が欲しい」

「田舎なので一度だけ都心でやってみたい」

と言う方以外にはレンタルサイクルはおすすめできません。

というか私からすれば、「一時的にやる」と言う人ですらママチャリを買ってしまうことをおすすめしたいです。

よほど家が近いと言う場合を除いては、自転車を取りに行くのも戻すのも面倒くさいと言う手間が発生します。