真冬の配達事情と自転車で最強の防寒対策まとめ

真冬のUberEats配達事情と防寒対策

このブログを書いているのは12月ですが、これから1月2月と真冬がやってきて、極寒の配達になること必至です。

私は若い頃はバイクを乗り回していたのですが、真冬のバイクって手袋をしていても手がかじかむほどの寒さですよね。

というかバイクもチャリも、風が加わるので数倍は寒さを感じますよね。

そんな私は寒いのが大嫌い。

なんとか快適に配達できないかと色々と情報をまとめました。

手袋のポイント

極寒の冬には100%必要と言える手袋について。

まずは言うまでもなく、手袋をしたままでもスマホをいじることができるタイプにしましょう。

それは自転車にスマホホルダーが有る無しに関係なく、いつ連絡が来てもすぐに対応できるようにです。

また、防風と書いてあるような、自転車競技専門系のグローブなお安心。

雨の日にも配達する意思のある方は、防水であることも必須ですね。

ネット通販の場合はサイズにも注意!

ショップによってはMでもブカブカと言う人がいれば、Lでも小さいと言う人もいます。

大きすぎる場合は指先の使いずらさにストレスを感じますし、小さい場合は血が止まりそうになります。

ハンドルカバー最強

手袋選びが難航した時に見つけたのがハンドルカバー。

実際に使ってみてわかったのですが、ハンドルカバーはマジで最強です。

防水で防風で温かいと言う、先ほどの手袋選びの悩みを全て取り払ってくれます。

これによって、高いスマホグローブを買わなくても、安くて薄いけど指が動かしやすい手袋にすることができます。

極端に言うと、手袋いらないぐらい最強と感じています。

耳当て

これもぜひ真冬には抑えておきたいところ。

むき出しの中で風を受けると、痛みを感じ始めて、耳が無くなるんじゃないかと思うぐらい寒さが現れる箇所です。

ドンキの超暖も最高

寒さ対策のファッションの定番と言えば、ユニクロ。

「ヒートテック買おう」なんて思っている方もいるのではないでしょうか。

でも、長くユニクロに通ってて思うのですが、ユニクロって意外と高いですよね?

極暖シリーズなんかは1枚1,500円。

ユニクロ公式サイト⇒https://www.uniqlo.com/jp/store/feature/uq/heattech/men/

でも極暖より暖かく感じるドンキホーテの超暖は1,000円。

コスパ最強なのでぜひお試しください。