スマホを自転車に固定する必要有無と通販の購入の注意点について

自転車ホルダー

Uber Eatsを始めたらまず用意するべしアイテムの一つがスマホホルダー。

自転車のフロント部分についているととても便利で配達が捗ります。

ただ、私は何も知らず適当に通販で購入したため、お金を無駄にすると言う痛い目を見てしまいました。

SNSを見てると、耐久性が悪くて配達中に落ちたと言う方までいました。

ということで、今回はスマホホルダー購入に関するポイントについてまとめました。

必要有無について

まず、スマホホルダーも1,000円ぐらいするので、本当に必要かどうかについてお話しいたします。

結論から言うと断然あるに越したことはないけど、無くても平気です。

もちろん片手運転だと、スマホを落とすリスクがあるし、事故で命を落とすリスクもあるので、片手運手はしない前提のお話しです。

無くても平気な場合は、元からその地域の地理に詳しい方です。

スマホで地図をパッと見て、ある程度の目印を見つけて、向かう方法です。

で、近くに来たらまたポケットから取り出して確認すると言う方法。

スマホホルダーがある場合も、結局は同じようにある程度の目印を見つけたら、電池を節約するために画面をオフにするので、変わらないと言えば変わりません。

すぐ見れるか見れないか、移動しながら見れるかの話しです。

私は自分の地域の配達に慣れた今でも、スマホホルダーは重宝しています。

やはりポケットから取り出す時間と手間が半端ないからです。

特に極寒の冬場は地獄です。

購入のポイント

自転車のスマホホルダーは選ぶのに相当苦労しました。

抑えなくてはいけないポイントがたくさんあるからです。

順番にご紹介いたします。

取り外しのしやすさ

一番重要なのがここ。

「頑丈に固定!」とかを見ると良さそうに見えますが、Uber Eatsの配達では場合によっては命取りです。

なぜかと言うと、お店に着いた時と、お客様の家に着いた時に、毎回ネジ緩めるような面倒が出ます。

取り外し次第では、配達件数にすら影響でかねません。

ゴムタイプとか少し時差が無さそうなものを選びましょう。

スマホのサイズ

通販で一番注意したいのがここ。

意外と大きいタイプのスマホが対応していない場合なんかもあるので、しっかりサイズをチェックをしましょう。

画面やスイッチへの干渉

落下防止のゴムで上下に着けるタイプなんかにして失敗する場合もあります。

 

最新で感度の高いiPhoneXsなんかは、これがあると操作に不具合が出る場合もあるようです。

また、電池が無くなりやすいスマホなんかは、そのまま電池に繋げるための線が塞がれていないかなどの確認をする必要もあります。

防水性

雨の日も配達をする猛者たちは必ずこれもチョイスしたいところ。

小さいサイズばかりですが、ケースに入れてそのまま取り外しができるタイプもあります。

耐久性

こればかりは私たち素人で見抜くことはできませんが、万が一途中で落ちるなんてことも考えると少し意識しておきたい点です。

通販サイトなんかではレビューをしっかりチェックすることと、少しだけでも値段が貼る物にしましょう。

私は通販サイトで安物しか選ばない人間でしたが、値段が高いものを買うと明らかに質が良いと感じることがあり、スマホホルダーも同じくです。

やけに安いものがあったかと思いきや、中国製の不安なものの場合もあります。